薬剤師さんも大変だろうなと思った出来事

診察が終わって薬局に処方箋を出しに行った時に、薬をもらい終わった女の人が受付の人にいきなり怒っていました。
その内容がお薬手帳をもっているのかを聞かなかったとの事で、薬局の人は出していなかったので持ってきてないと思いシールを薬と一緒に渡したそうです。聞かなかった薬局も親切心からすると良くないが、そのくらいで怒らないでもと思いました。

女性は他の薬局ではお薬手帳を出さないと持っているか聞くのに、この薬局が聞かないのでおかしいと文句を言っていました。その人はお薬手帳を持っていたので、持っているなら聞かれなくても提出するのが常識じゃないのかと思いましたが。最初に出しておけば、無駄な時間を作らずにお互いが気持ち良く過ごす事が出来たのだろうとも思いました。その時に、世の中には色々な性格の人がいると感じました。

その後、自分の薬を呼ばれるまで待っていたら今度は男性がいつまで待っても呼ばれない事を怒っていました。後から来た人が先に呼ばれているのに、自分はいくら待っても呼ばれない事を言っていました。多少の前後は薬の内容等でするので、それは言わなくても分かっている事になると思うので、そこまで怒る事ではないと私は思いました。

薬の順番を待っているのは誰でも短い方が良いですが、仕方のない事もあるので少しは多めに見る事も大事だと思っています。しかも男性は処方される薬が変わっていないので、説明はいらないですと言って処方されたらさっさと薬局を出ていきました。折角親切に薬剤師の人が薬の説明を丁寧にしてくれるのに、それを待っていられないからと聞かずに出ていくのは簡単な事ではあるが気持ち的に嫌な気分でした。

1日に2人も薬局ですごい人を見たのは初めてだったので、人間の性格は普段の生活の中の何気ない時に出るものなのだと感じました。臨機応変な対応は自分も出来にくいが、あまりにも2人の行動が気が短く臨機応変にできないのかなと感じた出来事でした。薬剤師のママ友が職場復帰しようと、好条件の求人を探しているんですが、こういう患者さんが多いと薬剤師さんもストレスがたまるだろうなぁと、友人のことまで思わず心配になってしまいました。

薬剤師さんも大変だろうなと思った出来事